NPO法人日本バーク堆肥協会とは
HOME > NPO法人日本バーク堆肥協会とは




バーク堆肥のもとになるのが、広葉樹や針葉樹の樹皮。これを粉砕し、鶏フン、尿素、発酵促進剤を加え、微生物の働きを利用して作られる有機質土壌改良剤です。
無機質系土壌改良材とは異なり、地下資源を掘削することなく、また製造過程で多大なエネルギーを消費することなく、自然の力によって作られる環境に優しいエコロジー商品ともいえましょう。
原材料は木材を製紙原料(チップ)に製造する過程で発生する樹皮であるため、今産業界が積極的に取り組んでいるリサイクル商品でもあるのです。
平成14年度より「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン購入法)の特定調達品目に指定されました。
土壌改良材として理想的な有機質資源であるバーク堆肥は、農業、緑化事業をはじめさまざまな分野で採り入れられ、その後ますます増えつづけています。


NPO法人日本バーク堆肥協会は、昭和42年10月、樹皮(バーク)リサイクルのため、たばこ耕作用バーク堆肥の品質基準の確立と、技術研究の場を進展させることを目的に「たばこバーク堆肥協会」が設立された時にはじまりました。
その後、バーク堆肥の一般農業用、果樹、造園工事等への用途拡大に伴い、昭和51年5月に「日本バーク堆肥協会」と発展的に改組され、以来今日まで40年余の歴史を歩んできました。
平成16年6月には、今まで蓄積した堆肥化技術を生かし、国土の緑化・環境の改善に取り組み、社会に貢献するため「特定非営利活動法人日本バーク堆肥協会」として新たにスタートいたしました。
当協会では、バーク堆肥の品質と生産技術の向上を協会活動の中心に位置付け、現在まで多くの研修会の実施 、「コマツナによる幼植物生育検定法」を確立するなど、バーク堆肥の品質の安定、製造技術の向上により一層の努力を重ねるとともに、バーク堆肥が農業等の土作りから国土緑化に至るまで幅広いお客様のニーズに合った製品の開発に真剣に取り組んでおります。


                                                (平成27年7月1日現在)

名 称 NPO法人日本バーク堆肥協会
代表者 会長 大原 寛信
所在地 東京都江東区新木場1−1−1
設立年月日 平成16年6月7日
構 成
設立目的 木質系資源の堆肥と有効利用(バーク堆肥、木質系堆肥)に関する研究、調査および不特定多数の市民に対して、啓蒙教育等を行い、循環型社会の形成と環境保全、ならびにみどり豊かなまちづくりの推進を図り、公益の増進に寄与することを目的とする。
事業内容
1.

2.

3.
4.
5.

6.
バーク堆肥や木質系堆肥等の製品の品質証明、品質基準の設定および
品質確保と向上の指導
バーク堆肥や木質系堆肥等に関する情報の収集、試験、調査研究および
政策提言
研究発表会の開催等による木質系資源の堆肥化技術の教育普及
ホームページおよび出版物等による情報の提供、広報および展示活動
バーク堆肥や木質系堆肥等に関する関係諸団体との連絡協調、助成
および指導
その他この法人の目的を達成するために必要な事業

 

会員数 会員:21社・4協同組合 合計25会員(団体会員)

役員構成

会長
副会長

理事












監事

事務局長

 

大原寛信 (王子木材緑化株式会社)
今田直樹 理事(東洋林産化成株式会社)
島田泰助 理事(員外・(社)全国木材組合連合会)
日本製紙総合開発株式会社
清水港木材産業協同組合
上野バーク林産加工株式会社
自然応用科学株式会社
山陽チップ工業株式会社
紀南木材副製品株式会社
ふたば株式会社
株式会社北越フォレスト
森産業株式会社
有限会社日光有機
株式会社山都屋
株式会社兵庫バークセンター
富岡地区製材協同組合
トーア木材株式会社
渡辺林産工業株式会社
佐々木浩司


2006 NPO Japan Bark Compost Association
All Rights Reserved.